旅行であれば不必要|独立を支援する会社で開業物件を紹介してもらう|歯科医院の開業方法

独立を支援する会社で開業物件を紹介してもらう|歯科医院の開業方法

男性

旅行であれば不必要

女性

無査証条件がある

香港は中国になりますが、中国本土とは異なったビザの取扱いがありますので注意が必要になります。日本国籍を持った人であれば、基本的に観光目的であれば、90日以内の滞在期間であれば、ビザは不必要になります。パスポートのみで入国することができます。観光だけでなく一般商務、外交や公用目的でも同様の無査証基準を満たすことになります。ただしパスポートの残期間も細かく設定されています。滞在日数が一か月以内であれば、入国時に一か月以上と滞在期間の残日数が必要になります。逆に一か月以上の場合であれば、入国時に三か月以上の残日数がなくてはなりません。それ以外ではビザの取得が必要になります。香港も中国になりますので、中国大使館への申請が必要になります。

申請には休日に注意

香港のビザを取得するには、中華人民共和国大使館への申請が必要です。旅行会社などを通じて申請することも可能ですが、休館日に注意しなければなりません。土日は基本的に休みなのですが、注意しなければならないのは祝日です。中国では、旧正月や国慶節などの長期休暇が数多くあります。この期間は一斉に休みになりますので、ビザの申請もすることができません。そのため香港旅行のスケジュールがこの期間の後にある場合には申請は早めに行っておくことが得策になります。一般的な旅行であれば、無査証条件に該当することが多くなっていますので、申請の心配はいらないのが特徴です。世界の一般的な基準からして香港のビザの基準は厳しいともいわれています。